読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だれも聞いていないと思って歌え

dance as if no one’s watching, sing as if no one’s listening, and live everyday as if it were your last.

X-UA-Compatibleについて調べてみた

今更ながらBootstrapの勉強を始めました。現在最新のBootstrap3です(4はαリリースのため)。 公式サイトを参考にしていて、Basic templateに書かれているmetaタグが見慣れないものだったので、調べてみました。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">

Getting started · Bootstrap

http-equiv

Mozillaの開発者向けの解説ページによると次のように記載されています。

プラグマディレクティブ、つまりどのように Web ページを提供するかについて、通常 Web サーバから与えられる情報です。 meta 要素 - HTML | MDN

では、 X-UA-Compatible は何かというと、Internet Explorerでどのバージョンのモードでレンダリングを行うか(ドキュメントモード)を指定することができるプラグマです。 IE=edge と指定することで、使用しているIEで利用可能なモードの中から、最高のモードを使用するように指示ができます。Internet Explorer 8 の場合はIE8モードに相当し、Internet Explorer 10 の場合はIE10モードに相当します。

ただし、 Internet Explorer 11 以降ではドキュメントモードの指定は推奨されず、Microsoft Edge では無視されるようになっているそうです。

新しい記事ではないですが、 X-UA-Compatible が何かを理解するためにこちらも参考にしました。